TOP > ミステリー > 本格ミステリー・ワールド2017  

ミステリー

 
world2017.jpg
 
12月17日頃発売

本格ミステリー・ワールド2017

島田荘司 監修

A5判 288ページ
本体1,500円

2016年黄金の本格ミステリー 決定(電子ブックで立ち読みで見ることができます)

主なコンテンツ
 

巻頭言 日本人にとってのエラリー・クイーン (島田荘司)

 

読者に勧める 黄金の本格ミステリー 作者自作解説(早坂吝/竹本健治/深水黎一郎/島田荘司/井上真偽/山田正紀/三津田信三/市川憂人)

 

読者に勧める 黄金の本格ミステリー (日下三蔵×辻真先×二階堂黎人)

 

[対談]エラリー・クイーン×新本格×飯城勇三 (飯城勇三×二階堂黎人)

 

新本格三十周年に想うこと (山口雅也)

 

とある一夜の宴席から新本格と鮎川賞の誕生、そして現在まで (芦辺拓)

Writers in Season 2016(島田荘司/早坂吝)

 

有栖川有栖インタビュー
『孤島パズル』英訳版刊行とその意義

『十角館の殺人』贋作と評論 (飯城勇三)

ライトミステリーって本当に「ライト」なの?—ライトミステリーの輪郭2
(蔓葉信博)

巻末評論 中間的性格としての探偵小説の系譜 (小森健太朗)

電子ブックで立ち読みする

ページの先頭へ