1. 大学英語教科書、英米文学研究書、本格ミステリの南雲堂
  2. 英米文学

文芸批評・英米文学

最新書籍一覧

LITERATURE

20年の本格ミステリジャンルを考察し、ミステリの新たな見方を提示する評論書

12月8日頃発売予定 本格ミステリ大賞20年を論考し、21世紀の本格ミステリの本流をするどく抉る評論...

文芸批評・英米文学

3・11以後のカルチャーを精緻に論考し、二一世紀的な革命と反革命をめぐり考察、ポスト・コロナ時代を見通す評論書

11月13日発売予定 例外状態の道化師【ジョーカー】ポスト3・11文化論 笠井潔【著】 四六判上製 ...

文芸批評・英米文学

本格ミステリの探偵はどのような推理をすべきか? 密室などのトリックはどうあるべきか? そして、社会とどう対峙すべきか? 戦中派の天城一と戦後派の笠井潔の作品からその答えを探し求める評論書!

数学者と哲学者の密室 天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会 飯城勇三著 四六判上製 376ページ ...

文芸批評・英米文学

2010年代ゲーム批評の結節点 限界研「プレイヤーはどこへ行くのか」

正誤表.pdf プレイヤーはどこへ行くのか――デジタルゲームへの批評的接近 [編]限界研 [編著]竹...

文芸批評・英米文学 その他

『娯楽としての炎上』が第19回本格ミステリ大賞 評論・研究部門賞の候補になりました

第72回日本推理作家協会賞 評論・研究部門の候補になりました。 他の候補は 【評論・研究部門】候補作...

ミステリー 文芸批評・英米文学