TOP > ミステリー > 監視カメラの網をくぐりぬける見えない殺人者! 人情派のミスター刑事・浜中康平が悲しき復讐者の仮面を剥がす!

新刊情報

監視カメラの網をくぐりぬける見えない殺人者! 人情派のミスター刑事・浜中康平が悲しき復讐者の仮面を剥がす!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
監視カメラの網をくぐりぬける見えない殺人者! 人情派のミスター刑事・浜中康平が悲しき復讐者の仮面を剥がす!
6月30日発売予定

仮面の復讐者――浜中刑事の逆転

小島正樹【著】



四六判上製 352ページ 定価1,980円(本体1,800円+税)

内容見本はこちら(別ウインドウが開きます)


島田荘司・二階堂黎人監修
本格ミステリー・ワールド・スペシャル

会社社長が渋川市の自宅で殺害された。その右手の近くにはスペードのエースが置かれていた。事件を担当する捜査一課二係の浜中康平は麻薬取締官から被害者が麻薬取引にかかわっている可能性があり、半年前から自宅をカメラで監視していたとの情報を得る。カメラの映像を見せてもらう浜中達だが、そこには犯人と思しき人物は映ってはいなかった。


謎解きではビクともしない復讐者の仮面が、浜中のまっすぐな言葉と我が身を顧みない行動に少しずつ剥がれる兆しを見せる各場面は、本作でもとくに注目すべき読みどころであり、ある意味名探偵をも超越した救済者としての浜中を描き出すために絶大な効果を発揮しているのだ。(解説より:宇田川拓也【ときわ書房本店 文芸書・文庫担当】)



小島正樹(こじま・まさき)
埼玉県生まれ。2005年、島田荘司氏との共著により『天に還る舟』(南雲堂)を上梓。2008年、『十三回忌』(原書房)で単独デビューを果たす。2015年、『扼殺のロンド』(双葉社)で第6回「駅の中の本屋さんが選んだエキナカ書店大賞」を受賞。スケールの大きなトリックと、どんでん返しを得意とする。趣味はリバーカヤックと散歩。ビールが大好き! 主な著書に『怨み籠の密室』(双葉社)、『ブラッド・ブレイン1~3』(講談社)、『モノクローム・レクイエム』(徳間書店)、『愚者の決断――浜中刑事の杞憂』(南雲堂)など。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面の復讐者 [ 小島正樹 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/5/29時点)


 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加