TOP > ミステリー > 令和時代の奇想の本格。 新本格ミステリー愛読者への挑戦状!

新刊情報

令和時代の奇想の本格。 新本格ミステリー愛読者への挑戦状!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
令和時代の奇想の本格。 新本格ミステリー愛読者への挑戦状!

2月7日頃発売予定

本格ミステリー・ワールド・スペシャル最新刊

エンデンジャード・トリック

門前典之著
四六判上製 376ページ
本体1800円+税

百白荘のゲストハウス、キューブハウスから施工業者が転落して死亡した。転落事故として処理されたが、翌年本館で設計者の首吊り死体が発見される。
五年後、キューブハウスには多くの客が集まっていた。その中には二件の未解決事件を解明する依頼をうけた蜘蛛手がはいっていた。

タイトルにある「エンデンジャード」とは英語で「危機に瀕した」という形容詞であり、一般的には「絶滅危惧種(Endangered Species)」として見かける単語である。なんとも皮肉な表現だが、その意図をぜひ確認いただきたい。危機から脱するにはひとりひとりの力が必要なのだ。(解説より:蔓葉信博)


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加